コラム
column

弁護士の守秘義務について

天童法律事務所の弁護士の菅原正史です。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

弁護士が扱う業務は秘匿性が高いものが多くあります。例えば,離婚,不貞不倫,自己破産,刑事事件などは通常は人に知られたくないものでしょう。

一方で交通事故などはあまり秘匿性が高くないかもしれません。

いずれの事件についても言えることですが,秘匿性の高い業務を扱う弁護士には,厳格な守秘義務が課されています。相談内容が他に漏れることはありません。

例えば,刑事事件などで自首するかどうか迷われている方が相談にいらっしゃることもあります。どのような犯罪行為であれ,弁護士から捜査機関に伝えるなどということはありません。弁護士の守秘義務は極めて厳格です。

弁護士事務所での相談内容の秘密は守られますので,事件等お悩みの方がいらっしゃれば,安心してご相談ください。

天童,東根,寒河江で弁護士,法律事務所をお探しの方は,天童法律事務所までお気軽にご相談ください。